第二種電気工事士の正社員の求人に資格は必須!?

第二種電気工事士の資格は就職に有利?

第二種電気工事士という資格は、電気関係の仕事に就く人にとっては車の免許と同じくらい必須の資格だと言われています。また、業界の傾向としても、学歴や知識のある人よりは、低学歴でも資格を持っている人が好まれます。業界内では工業高校を卒業し、かつ資格を持っている、という人が多いようです。

第二種電気工事士の正社員求人は多い?

正社員の求人が減少している昨今の日本ですが、電気工事はどんな時代でもなくならないという背景から、一定の求人があるとされています。公共職業訓練等でも、人気の講習科目になっているくらいですからね。資格・経験揃っている人だと手取り30万以上で正社員の求人があることも少なくありません。全くの初心者だと、年齢が若ければ若いほど正社員として採用されやすくなります。

第二種電気工事士の求人はどこで探すのがオススメ?

第二種電気工事士の資格を持っていて、正社員の求人を探したいなら、ハローワークが一番のオススメです。地域の中小企業から求人が集まっていることもあり、常に採用枠があると考えてもいいくらいです。公共職業訓練等を受けた場合は、そのままハローワークから就職先を斡旋してもらえます。電気工事関係の人材は非常に流動的で、中途採用などの枠もかなり頻繁に出てくるのが現状のようです。それだけヘビーな仕事ということもできますが、資格を取得して就職を考えている人にとっては、嬉しい業界であることに変わりはありません。もちろん、就職後はさらなるスキルアップを目指して勉強を怠らないようがんばってくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ