電気工事士2種の初心者でもわかる参考書

初心者でも目指せる国家資格電気工事士2種って?

人気の電気工事士2種の資格試験を受験するにはとくに年齢や性別、学歴や実務経験といった制限がありません。つまり、まったくの初心者であっても受験することができ、参考書でしっかり勉強すれば合格できる国家資格なのです。合格率が低く、難しいというイメージのある国家資格ですが、電気工事士2種に関しては筆記試験、技能試験ともに合格率50%前後という比較的目指しやすい資格でもあります。基本的な知識を問う試験なので、初心者からでも頑張れば手が届く国家資格であり、専門性も高く、ニーズも多い、そして将来的には独立開業も目指すことができるのが電気工事士2種という資格なのです。

初心者でも合格できる理由

  • 受験するために年齢や性別、学歴や実務経験といった制限がない
  • 筆記試験、技能試験ともに合格率50%前後
  • 基本的な知識をもとめる試験である
  • この資格の試験には筆記試験の技能試験があります。人気の資格だけにたくさんの参考書が販売されていますし、大手通信講座でもたくさん取り扱われています。工具に全く触れたことがないような初心者であっても、この資格取得に必要であろう工具がそろえられたセットも販売されているほどです。まだ工具も持っていなくて、どんなものを用意していいのかわからないような場合は、こうしたセットを参考書と一緒にそろえておきましょう。最初はまず筆記試験に合格することを目指します。実務経験のない初心者にとってはなじみのない言葉も多くて最初は大変かもしれません。参考書の中には絵や写真で解説してくれるようなものもあるので、そうしたものを選ぶのもよいかもしれません。いろいろな参考書が販売されているので、見比べてみて、自分にとってわかりやすい参考書を選びましょう。技能試験については公表された課題候補をもとに年度ごとに解説書や参考書が販売されます。そうした参考書をみて、まずは確実に作業ができるように、徐々に時間内で作業が確実に完了できるように練習することが大切です。初心者であっても、順をおってポイントを押さえていけば、資格取得は夢ではありません。筆記試験に合格することができれば、2年間は筆記試験免除で技能試験を受験することもできます。諦めずに地道に頑張りましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ