電気工事士2種の過去問おすすめはコレしかない!

電気工事士2種の試験は筆記試験と実技試験の二段階方式で、筆記試験に合格できなければ実技試験に進むことはできません。ですが、筆記試験は毎回同じような構成で問題が出題されているので、過去に出題された問題を収録した過去問集をしっかり学習することをおすすめします。

電気工事士の筆記試験の中身

筆記試験は四肢択一のマークシート形式で1問2点の問題が50問出題され、60点以上獲得すると合格となります。電気工事士2種は計算問題も出題されますが、どちらかと言うと知識を問われる内容なので、計算問題が不得意といった方でも合格を狙いやすい試験となっています。また、試験は問題の答えがわかっていれば良いので、100点を取る必要はなく70点~80点を取る意識で学習すると合格することができるでしょう。

  • わかりやすさに定評がある過去問集
  • 試験対策の過去問集としてはオーム社が出版する「第2種電気工事士筆記試験標準回答集」おすすめ。問題集は過去10年分の問題が解説つきで収録されているので、知識をしっかりと身につけながら試験勉強をすることができます。

  • 繰り返し過去問を解く
  • 過去問を学習する場合、過去5年分を2~3周学習しておくとより合格ラインに近づけることができます。電気工事士2種の一次試験は暗記がメインとなるので、勉強は何度も繰り返し問題集をこなすと良いでしょう。

  • おすすめの学習法
  • 2種の試験では鑑別や配線図の図記号、法規・法令に関する問題が出題されますが、鑑別は写真や名称、用途をセットで覚え、配線図の図記号は似たような記号をまとめて覚える感覚で勉強すると効率よく学習することができます。

    電気工事士2種に合格するために

    電気工事士2種は一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備工事に従事することができるため、資格を取得していると電力を必要とする施設のほとんどで活躍することができるでしょう。試験に臨む際は自分に合った問題集を使用し、自信がつくまでやり込むことで合格ラインは見えてきます。電気工事士の試験が初めてといった方はぜひオススメの問題集をチェックしてみてくださいね。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ