第二種電気工事士の実技対策にオススメのテキスト

住宅や店舗の屋内配線やコンセント設置、アース施工を行うことができる第二種電気工事士の資格は、将来的には独立開業も目指すことが可能な資格として注目されています。人気の第二種電気工事士の資格の筆記試験、実技試験に合格するためにはポイントをおさえたオススメのテキストや勉強方法が必要です。ポイントとしては次の点があげられます。

  • 国家資格である
  • 資格がないと作業ができないためニーズが高い
  • 受験資格に年齢や性別、学歴や実務経験の有無といった制限がない
  • そんな第二種電気工事士の資格試験は筆記試験のほかに実技試験があります。もともと現場経験など実務経験がある人は別ですが、そうでない場合にはしっかりとした実技試験対策も必要です。人気の資格だけに、実技試験対策のテキストも販売されていて、インターネットなどでもオススメのテキストが紹介されています。

    おすすめの受験対策セット

    筆記試験対策とセットになっているテキストももちろんオススメです。通信教育講座などでもこの資格のためのテキストが取り扱われています。より実技対策を万全にしたい人には実技のみのテキストもオススメです。実技試験に関しては、試験前に問題となる課題の候補が発表されるので、発表された課題を中心に対策をおこなうのがオススメです。

    購入方法と選び方

    テキストの購入に関しては一般的な書店でも扱っていることもありますが、やはりインターネットを利用すると便利です。様々なサイトでこの資格についての勉強方法がとりあげられていますし、オススメのテキストについても紹介されています。大手通信講座の比較なども、実際にその教材を利用して勉強した人の感想を知ることができて便利です。書店では扱っていないような教材であっても、インターネットであれば取り扱いがある場合も少なくないですし、金額的にも安く手に入ることもあるので、まずは検索してみましょう。第二種電気工事士の資格は国家資格ですが、筆記試験、実技試験ともに合格率50%前後という比較的合格率の高い資格です。しっかりと準備して受験することができれば合格を勝ち取ることができます。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ