第2種電気工事士技能試験におすすめの参考書

第2種電気工事士の資格の受験には特に制限がありません。つまり、特に実務経験がなくても受験できる国家資格なのです。技能試験についてもおすすめの参考書で勉強すれば合格できるレベルですが、専門性も高く、ニーズも多い資格であるため、老後のため、転職を考えてなど様々な理由から、まったくの別分野から第二種電気工事士の資格取得を目指す人も少なくありません。

どんな試験なのか?

筆記試験に関しては専門的な知識を問われるというよりは、基本的な知識を広く問われるので、頑張れば特に実務経験がなかったとしてもクリアできるかもしれません。しかし、第2種電気工事士の資格試験は筆記試験だけではなく、技能試験も実施され、筆記試験と両方に合格しなければ資格を取得することはできないのです。第2種電気工事士の技能試験に関しては、与えられた課題を時間内に作業を完了させるという方法で行われます。作業に必要なペンチなどの工具に関しては受験者が持ち込むことになりますが、まったくの素人であればどういった工具を用意すればいいのかもわからないものです。そういった人のために、実は「第2種電気工事士受験セット」といった工具セットが販売されていておすすめです。

技能試験課題候補って?

そして、この資格試験の技能試験に関しては事前に課題候補が公表されるのです。その課題候補にそった参考書を購入することがおすすめです。試験では候補の中から出題されるわけですから、この課題候補にそった参考書をまずは購入して、しっかりとその参考書に書かれていることを理解し、実施できるように準備しましょう。基本的に、その参考書にかかれているとおりに時間内で作業をできるようになればいいのです。なにはともあれ、とにかくまずは資格を取得するということを目標にするのであれば、

  • 確実に筆記試験に合格すること
  • 使いやすい必要な工具を用意する
  • 課題候補問題を中心に技能試験対策をする
  • ということを徹底して行いましょう。技能試験に関してもだいたい50%程度の合格率になっています。筆記試験に受かれば2年間は筆記免除で技能試験を受験することができるので、とにかく確実に作業を完了させられるように練習しましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ