第2種電気工事士の筆記対策に問題集おすすめはコレ!

国家資格である第2種電気工事士の筆記試験に向けて問題集やテキストを活用している方も多いと思います。専門の書籍は多くの出版社から出版されていますが、試験を突破するためにはわかりやすいテキストを活用し、繰り返し学習することをおすすめします。

第2種電気工事士の試験内容

第2種電気工事士試験は二段階方式となっていて、筆記試験に合格すると実技試験を受験することができます。筆記試験は一般問題が30問、配線図問題が20問の合計50問が出題され、60点以上の獲得で合格となります。各科目には最低点などは設定されていないので、一次試験は30問以上の問題を正解できるように学習していきましょう。

  • 問題集を選ぶ時のポイント
  • 電気工事士の資格と聞くとなんだか難しそうな印象を受けますが、一次試験は過去の問題から繰り返し出題される傾向があるのでテキストを何度も繰り返し学習しておくことが合格への近道となります。電気工事士の試験対策の書籍はいくつか出版されていますが、学習に用いる場合は基礎的な解説が十分にされていて、実践的な練習問題が豊富にあるものを選ぶようにしましょう。

  • 予備知識ゼロの方におすすめの問題集
  • 例えば、オーム社が出版している「第二種電気工事士筆記完全マスター」は初心者の方にもおすすめのテキスト。出題傾向の高い重要問題を約50項目に分類し、それぞれの項目ごとに解説がついているので基礎的な知識をしっかり身につけることができます。練習問題や例題も実践的なものが豊富に出題されているので、練習問題をこなしていくことで自然と合格ラインのレベルに達することができるでしょう。テキストは全ページがカラーなので図解も見やすく、専門の知識がない人でもわかりやすく学習できる内容となっています。

  • 写真やイラストでわかりやすく学べる問題集
  • 電気書院の「第二種電気工事士らくらく学べる筆記+技能テキスト」も試験対策にはピッタリの書籍。こちらのテキストもフルカラー版となっており、写真やイラストを多く使用して解説がされているので独学でもしっかり学ぶことができ、試験の攻略にも大きく役立ちます。

    問題集を購入する時に注意したいこと

    出版されている試験対策の書籍はそれぞれ収録されている内容が異なるので、購入する前にしっかり内容を確認することが大切です。いくつかのテキストを比較し、自分が最も勉強しやすい一冊を選んで一次試験突破を目指しましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ