第二種電気工事士の技能(実技)におすすめの問題集なら

第二種電気工事士は筆記に合格すると実技による技能試験が行われます。実技と聞くと独学では合格が難しいと思われがちですが、問題集を有効に活用し作業に慣れておくと試験の突破も可能となるので、慣れるまで繰り返し学習しておくことをおすすめします。

独学で技能試験を突破する

第二種電気工事士の技能試験は制限時間内に作業を完了させれば良いといった内容なので、準備をしっかり行い手順通りに行えばそれほど難しいものではありません。近年、二次試験に関しては出題される候補の問題が事前に公表されているので、試験への準備もしやすくなっています。

  • 問題集を使用した学習
  • 第二種電気工事士の資格取得に向けて独学で学習する場合、参考書やテキストが必要となりますが、現在では写真を使用して詳しく解説されているものが多く、初心者の方でも非常に勉強しやすい書籍も多く出版されています。

  • 実技対策におすすめのテキスト
  • オーム社が出版している「第二種電気工事士技能試験」は知識や技術を基礎から学ぶことが可能なテキスト。電気工事の基本的な知識や器具や電線・工具の使い方、施工手順などを始め、複線図の変換なども詳しく記載されています。フルカラーのテキストで個々の作業は写真を使用して説明されているので、独学で勉強する際には試験対策に大きく役立つでしょう。

  • 定番の問題集で知識を蓄える
  • 通称・黒本とも呼ばれる日本電気協会が出版している「第二種電気工事士技能候補問題の解説」も実技試験に向けた学習におすすめの一冊。候補問題の想定とその解説や電気回路図と施工条件のポイントなど収録内容も充実していて、この一冊で合格ラインに達するレベルの知識を身につけることができるでしょう。こちらは二次試験対策の定番テキストと言われており、作業手順などもイラストやカラー写真を多く使用して解説がされているので予備知識がゼロといった方でも理解しやすい内容となっています。

    実技を攻略するために

    筆記試験は試験後に自己採点をすることで合格ラインに達しているかどうかを確認することができます。二次試験を無事に合格するためにも、早めに専門書を購入し、必要な知識と技術をしっかり身につけるようにしましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ