電気工事士2種の勉強ができるサイトのおすすめはコレ!

電気工事士2種の勉強方法についてはインターネットサイトでもたくさん紹介されています。実務経験がある人でも、筆記試験対策としてはどんな勉強をしたらいいのか、逆に筆記試験に自信はあっても技能試験に不安がある…など人それぞれに悩みはつきません。電気工事士2種の試験範囲は広く、一から勉強しようと思うととても分厚い参考書を端から端まで勉強しなくてはいけません。基本的な内容とはいえ、たくさんの内容を覚えるのは大変なことです。できるだけ効率的に試験勉強をすすめていくためには、サイトなどで紹介されている勉強方法を参考にするのもよい方法です。

おすすめの勉強方法

多くのサイトでも言われている電気工事士2種の勉強方法は過去の問題をとにかく解き続けることです。電気工事士2種の試験では数年に1度は出題されるというような定番の問題があります。そうした定番の問題をまず落とさないことが試験合格のカギになるのです。合格ラインは60%なので、勉強するときには70%~80%の得点を目指しましょう。100点をとらなくてもこの試験には合格できるのです。数年分の過去問題をコンスタントに80点取れるように準備しておけば、筆記試験はほぼ合格できるはずです。まずは筆記試験に合格することが電気工事士2種合格にはとても大切なのです。筆記試験に合格したら次は技能試験です。筆記試験に合格すると2年間は筆記試験免除で技能試験を受験することができます。技能試験の内容については事前に問題の候補が公表されます。いくつかの候補が公表されるので、その内容について重点的に準備しましょう。

合格するための勉強のポイント

  • 過去の問題をとにかく解き続ける
  • 勉強するときには70%~80%の得点を目指す
  • 定番の問題を落とさない
  • 実務経験のある人であれば、その内容を見るだけでどんな技術がもとめられているかわかりますが、経験の少ない人だとわかりにくいこともあります。そうした場合には電気関係の専門学校などで講座を開いていることもあるので、そうした講座に参加してみるのもおすすめです。筆記についても、技能試験についても様々な勉強方法があるので、参考にしながら合格を目指しましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ