第二種電気工事士、筆記試験におすすめの参考書

第二種電気工事士の資格取得を目指すなら、まずは筆記試験に合格しなければいけません。第二種電気工事士の出題範囲は広く、端から端まで網羅して勉強をするのはとても大変です。効率的に勉強をすすめ、資格の取得を目指すのであれば、使いやすいおすすめの参考書を使ってみるのが筆記試験合格への近道です。

第二種電気工事士の筆記試験の特徴

  • 毎年、もしくは数年に一度は出題される定番の問題というのが存在している
  • 資格試験の合格ラインは60%の得点
  • 基本的に落とすための試験ではない
  • この資格試験の特徴として、毎年、もしくは数年に一度は出題される定番の問題というのが存在しているのです。ですから、第二種電気工事士の筆記試験におすすめの参考書の特徴として、過去に出題された問題をしっかりと押さえている参考書であるというポイントがあります。いわゆる過去問をとくということです。そして、合格ラインは60%の得点ですから、全問完璧に回答できなければ合格できないという試験ではありません。国家資格取得にふさわしい基本的な知識が備わっているかを確認する試験なので、まずはこうした定番の問題を落とさずしっかり押さえるということが大切になってくるのです。

    さらに深く学習するために

    過去の問題以外に出題範囲別に要点がまとめられているような参考書がおすすめです。過去の問題とその解説だけではわかりにくい部分を簡潔に要点をまとめてくれていると、勉強時間を短縮することができますし、頭にも入ってきやすくなります。特に、社会人で仕事をしながら資格取得を目指すような場合には、勉強は時間との闘いです。いかに短時間で効率よく勉強をすすめるか、が資格取得のポイントになります。そのためにはよい参考書を選ぶことがとても大切なのです。分厚くてとても詳しく解説している参考書もたくさん販売されています。人気の資格だけに、その数も多いですし、多いからこそ迷ってしまいがちです。しかし、知識というものは一度にたくさん詰め込もうと思ってもなかなか入っていかないものです。まずは広く浅く、必要なポイントをしっかり押さえたうえで、必要な部分だけ掘り下げて学ぶというのもひとつの勉強方法なのです。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ