電気工事士2種の筆記試験におすすめのテキスト

受験資格にとくに制限がなく、専門性も高いためニーズも多い電気工事士2種の資格試験には筆記試験と技能試験があります。筆記試験に合格しないと、技能試験を受験することができないため、電気工事士2種の資格取得を目指すのであれば、まずはおすすめのテキストを準備して筆記試験合格を目指しましょう。

電気工事士2種の資格試験のポイント

  • 基本的な知識が求められる試験である
  • 落とすための試験ではない
  • 4肢択一のマークシート方式
  • 合格率も50%以上と、ほかの国家試験に比べると高い合格率であることがわかります。筆記試験に合格すると2年間は筆記試験を受験しなくても技能試験を受けることができます。人気の資格だけに、たくさんのテキストが販売されていますが、おすすめなのはやはり自分が興味をもって読むことができるテキストです。様々なタイプのテキストが販売されていて、どれが特におすすめかというのはその人の勉強のスタイルによるところも多いので、一概には言えませんが、絶対にこれははずせないというおすすめの一冊を選ぶとしたら「過去問」のテキストです。

    合格するための勉強方法

    過去の電気工事士2種の資格試験の問題をとにかくしっかりおさえておくというのが、この資格を取得するには絶対の条件なのです。基本的な知識を問われるとはいえ、その出題範囲はとても幅広いのも特徴なので、過去にどんな問題が出題されていたのか、傾向を知ることで確実に点数をとっていくことができます。この試験の合格ラインは60点なので、この過去問題をしっかり押さえるだけでもかなり合格の可能性は高まります。何から手を付けていいのかわからない、というときにはまず過去の試験問題をとくところから始めましょう。過去の問題を解いていく中で、問題の解説だけではわからないことが出てきたときに、確認するためのテキストがあると便利です。大手の通信講座のテキストはかなりポイントを押さえてしっかりと対策されたものですが、ボリューム的にはかなり多いですし、金額的にも負担が多いこともあります。自分にあった勉強方法をみつけて合格を目指しましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ