第二種電気工事士スクールの利用は十分に比較することがおすすめ

第二種電気工事士の筆記試験は過去問集を繰り返し学習しておくと独学でも合格ラインに近づけることができますが、勉強方法に不安がある、知識をしっかり身につけたいといった方はスクールの利用がおすすめです。利用する際は自分に合った環境で学習できるように、いくつかの学校を十分に比較してから選ぶようにしましょう。

第二種電気工事士のニーズ

国家資格である電気工事士2種は毎年13万人以上の方が受験する人気の資格です。この資格を持っていると屋内の配線工事やコンセントの設置、照明器具などの設置に従事できるので、需要が高く、就職や転職、給与や昇給の面においても非常に有利に働きます。

  • 第二種電気工事士の資格取得までの道のり
  • 電気工事士2種の試験は筆記試験と技能試験の二段階方式で、筆記試験に合格すると技能試験に挑戦できる権利が与えられるので、資格取得を目指す場合はまず筆記試験を突破することが目標となります。

  • 初心者におすすめのスクール
  • 資格取得を目指す方には予備知識がゼロといった方も多いと思います。例えば、必要な知識を集約したテキストを使用して授業が行われる日建学院の第二種電気工事士講座は授業内容も理解しやすく、知識や技能をしっかり身につけられるので効率よい学習が実現できるでしょう。コースは初心者コースと経験者コースが用意されているので、初心者の方も安心して授業を受けられるので特におすすめです。

  • 第二種電気工事士を短期間で学ぶ
  • 日本エネルギー管理センターでは2日間の講習で合格のポイントを徹底的に解説する講座を実施。過去に出題された問題を分析しているので、筆記試験攻略に大きく役立ちます。また、技能対策講習会も行われているので技能試験に不安を感じている方にはこちらの受講もおすすめ。映像を用いて施工のポイントやテクニックを解説してくれるので、初心者の方でも技能をしっかり身につけることができます。

    料金やカリキュラムも比較する

    利用するスクールや講座は授業日数や利用料金もそれぞれ異なるので、予め比較しておくことが大切です。有意義な学習をするためにもメリットなどもよく比較して、自分に合った方法で学習を進めていくようにしましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ