第二種電気工事士の技能試験に一発合格するための8つの手順

第二種電気工事士の試験で厄介なのは、筆記よりも技能試験です。技能試験はうっかりすると現役の電気工事士の人でも失敗してしまうって、ご存知でしたか?そこでこの記事では、第二種電気工事士の技能試験に一発合格する方法についてまとめてみました。

・第二種電気工事士の技能試験は難しいのか?

第二種電気工事士の技能試験は、よほど手先が不器用とか、工具不足の人でなければ解ける問題しか出題されません。ではなぜプロの人でも不合格になる事があるのかといえば、時間が足りないなどの理由で作品が未完成になってしまうからです。

・技能試験をクリアするための手順は?

技能試験で出題される問題の内容は様々ですが、基本の作業は変わりません。このため、一発合格のポイントはいかに効率良く作業をして、時間に余裕を持って作品を丁寧に仕上げられるかどうかにかかっています。手順を簡略化するために、予め大体の作業手順を頭に入れておきましょう。

  • ①問題に寸法を記入し、複線図を作成する。
  • ここで間違ってしまうと、どれほど腕が良くても合格することはできません。

  • ②寸法に従ってケーブルを寸断する。
  • どこに使うケーブルなのか分かるよう番号やアルファベットで印をつけておきましょう。

  • ③部材を机の上に並べてチェックする。
  • 寸法間違いなど、大きなミスがあればこの時点で発見できます。

  • ④皮膜を剥く。
  • ケーブルストリッパーがあるとミスを減らし、時間の短縮にも繋がります。

  • ⑤器具を接続する。
  • まずは与えられた器具とケーブルを接続してしまいましょう。

  • ⑥アウトレットボックスとの組み合わせ
  • 問題によっては省略できることもあります。

  • ⑦電線同士の接続
  • 配線図を確認しながら、ケアレスミスのないよう注意しましょう。

  • ⑧見直しをする
  • 配線図をよくチェックして、単純なミスを犯していないか確認します。以上の手順で作業することで、技能試験をかなり効率良くクリアできるようになります。事前の準備と手順の整理がポイントです!がんばってくださいね。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ