第二種電気工事士の実技試験に!参考書とオススメDVD

第二種電気工事士の試験を突破するには、実技試験をいかにしてくぐり抜けるかがポイントになってきます。当然、勉強のためには参考書を読んだり、DVDで勉強したりといった事が必要になるのですが、初心者さんではどんな教材がオススメなのか、分かりませんよね。この記事では、経験者の意見を元に、特にオススメと思われる教材をご紹介していきます。

・実技試験の教材を選ぶポイント

実技試験は、筆記と異なり、知識だけでは合格することができません。いかに複線図を早く作れるか、作った複線図通りに作業が手早くできるか、などが合格のポイントになります。そこで、実技試験の参考書やDVDを選ぶ時には、過去問題が多く収録されているものを買うようにするのがオススメです。

・初心者におすすめの参考書は?

第二種電気工事士の勉強を始めたばかりの頃は、ただ問題がたくさん載っているだけの参考書では理解がしにくい場合もあります。初心者におすすめの参考書としてあげられるのが、オーム社の「ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士技能試験すい~っと合格」シリーズです。毎年、その年の試験の傾向ごとに内容が刷新されており、最新の情報を使って技能試験の勉強ができます。DVDも付いているので、実際の作業内容を見ながら確認できる点もオススメです。

・初心者におすすめの技能試験DVDは?

参考書と同じく、DVDを選ぶ時もいかに問題がたくさん収録されているかがポイントになります。オススメは、電気書院から販売されている「第二種電気工事士技能試験候補問題の作業ポイントDVD」。上記で紹介した参考書と同じく、毎年ごとの候補問題を網羅して作業のコツを映像で解説してくれています。同社から出ている参考書と合わせて使うことで、より理解が深まるのでオススメです。以上のように、実技試験の参考書やDVDは、とにかくひとつでも多くの問題にトライできる事を基準に選ぶと良いでしょう。数をこなせば、それだけ作業も早くなります。30分以内で完成させられるようになれば、かなり安心ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ