電気工事士2種の勉強量目安と勉強のコツ

電気工事士2種の資格を取得するにあたっては、「どのくらい勉強したら良いのか」という勉強量の目安や、勉強のコツなど、知っておきたいことがたくさんあるのではないかと思います。そこで、経験者の視点から、電気工事士2種の勉強量の目安と勉強のコツについて、解説させていただきたいと思います。

勉強量の目安はどのくらい?

その人によりけり

この資格試験に向けた勉強量というのは、その人の状態によって違ってきます。つまり、お仕事で電気工事に関わっている方や電気分野が得意な方、そして逆に電気関係は未経験だという方とでは、勉強量の目安は変わってくるということです。

ではどのくらい勉強すれば良いの?

時間で言えば、平日は1~2時間、休日は3時間程度の時間を勉強に充てると良いでしょう。そして期間としては、電気関係を理解している方は1~2ヶ月間、未経験の方は筆記・技能も含めて半年以上の期間は勉強に充てたほうが良いでしょう。いずれにしても目安なので、「よし!わかったぞ!」と、皆さん自身が納得できるくらいの勉強量がベストと言えるでしょう。

電気工事士2種の勉強のコツは?

電気工事士2種の試験に合格するためには、勉強を効率良く進めるための「コツ」を掴んだ上で勉強を進めていく必要があると思います。

筆記試験の勉強のコツ

筆記試験に関しては、基本的には過去の試験問題と類似した問題が出題される場合が多いので、「とにかく過去問を解く」というのがコツになります。過去5~10年分の過去問に取り組むことが目安となりますが、一回限りではなく、何度も繰り返し取り組んで完璧にするのがベストです。

技能試験の勉強のコツ

技能試験に関しては、事前に候補問題というのが13問発表されるので、この「発表された候補問題13問は全て練習しておく」というのがコツになります。また、電気工事の経験がない方の場合は、候補問題を練習しておく他にも、技能試験用のテキストを購入して勉強することをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ