第二種電気工事士の勉強方法・勉強の仕方のポイント

第二種電気工事士の筆記試験はどちらかと言うと知識を問われる試験となっているので、暗記がメインの勉強方法となります。試験では鑑別や配線図の図記号、法規・法令に関する問題が出題されますが、ポイントを抑えた勉強の仕方で学習していくと知識が自然と身についていきます。

第二種電気工事士の試験の内容

第二種電気工事士は筆記試験と技能試験が行われ、筆記試験に合格すると技能試験を受験することができます。筆記試験は四肢択一方式で、マークシートに回答を記入していきます。問題は1問2点の問題が50問出題され、60点を獲得すると合格となります。筆記試験の場合、出題される問題の傾向が似ているので過去問を繰り返し学習する勉強方法が試験突破の近道と言えるでしょう。

  • 鑑別の勉強方法のポイント
  • 工具や測定器、器具の写真や名称、用途を問われる鑑別は写真と名称、用途をセットで覚えるようにすると効率よく勉強することができます。一見似ているように見えるものもそれぞれに異なった特徴があるので、違いを把握しながら学習していくようにしましょう。

  • 配線図の勉強の仕方
  • 配線図の図記号の勉強の仕方は似たような記号があるため「覚えるのが大変」と思われる方も多いと思いますが、似ている図記号をまとめて覚えておくと理解しやすく、試験でも惑わされずに回答することができます。すべてを覚えるのは難しい法規・法令については過去に出題された問題から似たような問題が出題される傾向が高いので過去問をしっかり学習しておくことが勉強の仕方のポイントとなります。

  • 技能の勉強方法
  • 技能試験に関しては事前に出題候補問題が公表されるので予め確認して作業に慣れておくことが大切です。独学での勉強のポイントはわかりやすい参考書を使用すること。イラストやカラー写真を多用しているもので勉強するとわかりやすく、イメージもしやすいのでオススメです。

    独学以外での勉強方法

    国家資格である第二種電気工事士は電気工事の会社への就職・転職がとても有利になる資格です。もし、第二種電気工事士の試験勉強の仕方に不安がある場合は、スクールや講座を利用すると効率よく学習することができるので、スクールの利用の検討してみてはいかがでしょうか。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ