第2種電気工事士の勉強時間・勉強期間の目安とは?

勉強を全くせずに第2種電気工事士の資格試験を受験しても、合格することはまず不可能です。つまり、試験勉強をする必要があるということなのですが、そこで気になってくるのが、「どのくらいの時間勉強するべきなのか」ということや、「どのくらいの期間勉強すべきなのか」といった、「勉強時間」や「勉強期間」に関わる部分だと思います。

第2種電気工事士の資格試験の勉強事情

一言に「第2種電気工事士の資格取得を目指している」といっても、すでに見習いとして電気工事の仕事に携わっている方から、経験がなく独学で頑張って受験しようとしている方など、様々な方がいます。そのため、「1日○時間勉強すれば合格できる」「◯ヶ月間勉強すれば良い」といったことは人それぞれなので、一概には言えません。ただ、一般的な勉強時間・勉強期間の目安としては、次のような感じになります。

勉強時間の目安(日単位)

平日であれば、お仕事をされている方もいらっしゃるかと思うので、大体1日1~2時間のペースで勉強を進めていくのがベストだと思います。また、お仕事がお休みで勉強時間が確保できるといった場合は、最低でも1日に3時間程度は勉強することをおすすめします。

勉強期間の目安(月単位)

上記の「1日の勉強時間の目安」をベースにして考えますと、電気工事の仕事に携わったことがある方であれば、筆記試験・技能試験共に、1~2ヶ月程度の勉強で合格できる可能性はあります。そして、「電気の知識だけはある」という方や、「電気工事は全くの未経験だ」という方の場合ですと、試験勉強を進めていくよりも、まずは先に電気に関する基本的な知識を習得して、「基礎固め」をする段階からスタートしなければ、至る所で躓いて、効率の良くない勉強の進め方になってしまいます。ですから、筆記試験の勉強に3~6ヶ月程度、技能試験の勉強に2ヶ月程度の期間を費やしたほうが、より合格に近づくことができると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ