第二種電気工事士の受験票を忘れないための3ヶ条

第二種電気工事士の試験を受けに来たのに、カバンを開けてみたら受験票を忘れた!そんなことになったら、一体どうすればいいのでしょう。結論から言うと、受験票を完全に忘れてしまうと基本的に試験を受ける事ができません。そこでこの記事では、受験票を忘れないためにどうすれば良いかを中心にまとめてみました。

・受験票を忘れてしまう理由は?

まず、どうして受験票を忘れてしまうのか、その理由について考えましょう。

  • ①当日の朝、急いで準備をした。
  • ②来る途中に落とした。
  • ③筆記試験が終わった後で誤って捨ててしまった。
  • などが主な理由ではないでしょうか。特に、試験当日は緊張しているものですから、いつもはしないミスをしてしまいがちです。また、③に関しては筆記試験が終わったことで気が抜けてしまい、つい他の書類と一緒に捨ててしまう人が少なくないようです。

    ・受験票を忘れないようにするには

  • ①前の日にすべての準備を終えておく。
  • 小学生の頃から変わらない、失敗しないための事前準備の基本です。前日までに全ての持ち物をチェックし、バッグに入れておけば、翌日はそれを持って出かけるだけでOK。焦る必要は全くありませんし、時間をかけてゆっくりとチェックすることもでき、オススメです。

  • ②落とすことのないよう、クリアファイルや封筒などに入れておく。
  • 受験票は薄い紙なので、何かに挟んでおいてもいつの間にか抜け落ちてしまっていることが少なくありません。クリアファイルなら、中身に何が入っているか一目瞭然ですし、封筒に入れておけば抜け落ちてしまう心配もありません。

  • ③すべての試験が終わるまで、全ての関連書類を取っておく。
  • 特に試験直後は気分が軽くなって、ゴミを捨てやすい状態になっているもの。そうならないためにも、試験に関する書類は絶対に試験が終わるまで捨てないように心がけましょう。それでも当日に第二種電気工事士の受験票を忘れたら、ダメ元で当日の受付係員に相談しましょう。場合によってはその場で再発行が可能な場合もあります。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ