電気主任技術者と電気工事士の違いとは?電験3種って何?

電気主任技術者は、変電所や発電所、ビルなどの受電設備や配線、工場などで電気設備の保安監督をするのが仕事です。電気主任技術者は社会的評価が高いため、資格を取得したいと考える人も多いというのが現状です。電気といえば、人間が生活して行く中でとても重要で、なくてはならないものですよね。電気設備がある事業主では、運用や工事、保守など、電気を使用するうえで安全を守るため監修者である電気主任技術者が必要であり、またそれは法令でも義務付けられていることでもあります。

・電験3種とは

取り扱う電圧によって、電気主任技術者としての資格は第一種から第三種までの3種類あり、電験3種と言われています。第一種はすべての事業用電気工作物、第二種は電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物、第三種は電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)。

・電験3種、それぞれの試験についての違い

第三種試験は、一次試験のみですが、第一種と第二種試験は、一次試験と二次試験があります。

・試験内容

第一次試験は電力、理論、機械の法規の4科目です。科目別合格制なので有効期限の3年間の間で勉強することができます。電気主任技術者と電気工事士は似ているようですが違いはあります。

・電気工事士とは

電気工事士は工場やビル、一般住宅、商店などで電気施設の安全を守る仕事です。工事の内容によっては資格がある人でないと行うことができないということが法令で決まっています。その資格を持つ人こそが電気工事士です。電気工事士の資格は第一種と第二種があり、第一種は第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事でき、第二種は一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。

・電気工事士と電気主任技術者の違い

電気主任技術者は事業用の電気工作物の作業を行える資格で、電気工事士は一般用の電気工作物の作業を行える資格です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ