電気工事士2種の受験会場、場所はどこ?

一般的な住宅や店舗の電気工事を行うことができる電気工事士2種の受験を考えている人は多いのではないでしょうか?学校に通いながら、実際に仕事をしながら受験を考える人も多いので、受験できる会場や場所を早めに確認してスケジュールを組むようにしましょう。出願時に受験する会場を指定することになるので、最寄りの場所もしくは行きやすい場所を選びます。

試験を受けるにあたって確認しておきたいポイント

  • ・受験できる会場や詳しい場所(これらの情報はインターネットでも調べることができます。)
  • ・希望の受験会場は申込み時に必ず指定する。(指定し忘れると、電気工事士2種試験センターで試験を受ける場所を指定されることがあります。)
  • ・試験会場によって技能試験の日程が違っていることがある。
  • 仕事などで、どうしてもはずせない予定がある場合には、多少遠くても技能試験の日程も考慮して試験会場を選ぶことも大切です。

    申込書をよく読もう

    試験地一覧と技能試験実施日一覧が受験案内に記載されているので、その中から選ぶことになります。ただし、受験案内には県名や市の名前などおおまかな実施場所が記載されているだけで、詳細な会場が指定されているわけではありません。具体的な試験会場については、後日試験センターから送られる受験票をみて調べておくようにしましょう。試験は4肢択一方式のマークシートで、筆記試験に合格すると次の実技試験を受けることができます。まずは筆記試験合格を目指しましょう。筆記試験に合格するとその年と次の年の実技試験を受ける権利があります。実技試験に関しては出題候補問題が公表されるので、チェックして準備しておきましょう。電気工事士2種の試験は前期と後期の年2回実施されています。それぞれ出願時期も違っているので、それぞれに申込みが必要です。受験申込は郵送のほか、インターネットでも可能です。まずは申込みをするところから試験は始まります。期日までに記載もれのないように十分注意して、申込書を作成し、勉強面でもしっかり準備しましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ