電気工事士2種の合格発表日、日程はいつ?

人気の国家資格である電気工事士2種の資格試験がいつ行われ、合格発表日はいつなのかということですが、実は平成23年度より制度が変わり、年に2回試験が行われるようになりました。

試験申し込み期間の変更について

いつもの電気工事士2種資格試験では上期試験と下期試験の受験申込日程は同じになっていました。平成27年度よりさらに制度が変更され、上期試験と下期試験の受験申込の日程が別々に設定されることになりました。しかし、上期試験の技能試験の実施の日程が7月25日、もしくは7月26日であるのに対して、下期試験の受験申込受付期間は6月18日~7月1日となっているので、合格発表日を待って下期試験の受験申込をするということは残念ながらできません。ただし、筆記試験の合格発表日が過ぎてからの申し込みは可能な日程になっているので、筆記試験で残念ながら合格できなかった場合には下期試験の受験申込をすぐに行うことができます。いつもの電気工事士2種資格試験にくらべて受験者にとってはありがたい制度といえます。

変更のポイント

  • 上期試験と下期試験の受験申込の日程が別々に設定される
  • 下期試験の申し込みは上期筆記試験の合格発表日が過ぎてからでも可能
  • いつ、どのタイミングで下期試験の受験申込をするか、というのは今までの電気工事士2種試験受験者の悩みの種でもありました。上期試験で受かるとは思うけれど、念のため下期試験も申し込んでおこう、という人も多くいましたが、この制度が導入されたことで、少なくとも筆記試験に関しては合格発表を待ったうえで申し込めるようになったのです。筆記試験に合格して、技能試験にすすむと、向こう2年間は筆記試験免除で技能試験だけを受験することもできます。技能試験に関しては、事前に試験内容の候補が公表されるので、その内容にそってしっかり準備することが必要です。しかし、近年はそうした問題点を改善し、比較的安定した合格率が確保されています。技能試験では日ごろの力が発揮できるように落ち着いてのぞみたいものです。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ