電気工事士2種の問題構成と問題形式

電気工事士2種の資格は就職をする際にとても役立つ資格です。電気工事士2種は受験資格はなく、合格すれば何人でも資格が取得できるということもあり、とても人気があります。年を取ってから転職を考える人も多く、資格を持っていれば就職に有利なことから、中年の方も取得するという例も多くなっています。ただ、国家資格なのでそれなりの勉強をする必要があります。試験はどのような問題構成で、どのような問題形式なのかということは非常に気になるところです。

・過去と同じ問題が出ることもある

三相誘導電動機の逆回転についての問題で、平成24年度の下期に平成21年度に出された問題と全く同じ問題が出されたことがあります。試験で、問題構成や問題形式は多少違いがあっても同じような問題が出ることはあるということになります。

・接続図

電気工事士2種の試験では、接続図について出題されることが多くあります。図も一緒に覚えることで、回答率もアップするので接続図はしっかりと勉強しておきましょう。

・過去問の勉強

問題構成や問題形式は、過去の問題を見直すことでだいぶ把握することができます。繰り返し過去問題を解くことはとても良い勉強になります。過去問題を勉強するのが合格に一番近い道と言っても過言ではありません。最近のもとからひたすら順番に解いていくというだけで勉強内容は充実します。過去の問題をいくつか見直し、何度も出題されている分野は必ず勉強しておきましょう。

・問題構成は毎回それほど変わりない

電気工事士2種の筆記試験は毎年同じような構成の場合が多く、出題分野ごとにだいたいの配点が決まっています。

・60点以上をめざしましょう

電気工事士2種の試験は合格率が高いのですが60点はとれるようにしましょう。測定器、工具、器具などの写真、用途などに関する問題、名称などは覚えておきましょう。配線図の図記号に関する問題もよくでていますので勉強しておきましましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ