第二種電気工事士の合格率や筆記試験の難易度は?

第二種電気工事士の試験って?

第二種電気工事士資格とは

  • 国家資格である
  • 受験資格に制限がない
  • 筆記試験も技能試験も比較的難易度が低く合格率が高い
  • 専門性が高く、需要も多い
  • という、これから転職を考えている、独立開業を考えているという人が目指すには最適な資格のひとつなのです。

    第二種電気工事士の試験の難易度は?

    一般的に難しいとされている国家資格のひとつである、第二種電気工事士ですが、実は筆記試験も技能試験もどちらも合格率が50%を上回る年も少なくない、比較的合格率の高い試験なのです。第二種電気工事士の資格試験は基本的に「落とす」ための試験ではないということ、そして筆記試験にせよ技能試験にせよ、出題される問題の多くが基本的知識に関する問題であるということが、高い合格率の理由のようです。合格率が高いとはいえ、難易度が低いというわけではもちろんないので、きちんとした試験対策が必要なことはいうまでもありません。筆記試験に関しては50%を下回ることがない試験ですが、実は技能試験に関しては年度によって合格率が大きく異なります。70%以上の非常に高い合格率の年度もあれば、逆に30%を下回った年度もあったほどです。出題される試験問題の難易度が年度によって異なっていたというのが原因のようですが、近年ではそうした点も改善され、おおむね同じような難易度の問題が出題されるようになっているようです。

    第二種電気工事士の試験対策

    第二種電気工事士の筆記試験に関しては、電気工事に関わる用語や法令についての専門知識や計算問題が出題されます。試験範囲は基本的な知識とはいえ、広範囲にわたっているので、まんべんなくフォローしておきましょう。試験形式は4肢択一のマークシート方式です。毎年、もしくは数年に一度は出題されるような定番の問題もあるので、過去の問題集などをしっかり勉強しておきましょう。繰り返し同じ問題を学習することで知識が定着します。こうした定番の問題を落とさないことが合格するためにはとても重要です。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ