第二種電気工事士は就職活動で有利?メリットは?

就職活動をするうえで資格を持っていると有利であり、メリットが多いのは言わずと知れていると思います。人間が生活して行くうえで必ず必要となる電気。それを扱う資格を持っていることで、就職活動ではかなり有利であり、仕事も多いため第二種電気工事士の資格を取りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。それでは、第二種電気工事士について説明したいと思います。

・第二種電気工事士とは

一般用電気工作物の安全を守るため、必要な知識及び技能を勉強します。第二種電気工事士は、技能試験と筆記試験があります。

・第二種電気工事士、筆記試験の内容

電気に関する試験を行い、解答は四肢択一方式でマークシートに記入します。内容は、配電理論及び配線設計、電気に関する基礎理論、電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具、一般用電気工作物の検査方法、電気工事の施工方法、一般用電気工作物の保安に関する法令、配線図などについて。第二種電気工事士は7割の人が合格しているので、難易度はやや低めといえます。影像電荷による静電界の解法などに、問題は計算が多くなるので、理数系が得意な人は有利です。第二種電気工事士の資格は、工事現場や家庭の電気工事だけではなく、企業やビル管理でも必要とされます。大きなイベント会場や施設を建築する企業、または電力会社など、数多くの就職先があるというのもメリットです。電気施工会社は都内だけではなく、あちこちにありますので就職活動をする上でメリットが多い資格です。主な仕事内容は、建物を建てる時などに、電気機械設備の取り付け作業や電気の配線を行い、電気を安全に使える状態にするほか、修復工事や修理も行うというのが電気工事作業者の仕事内容です。第二種電気工事士の資格があれば、消防設備士と言う受験資格の免除が取得できます。第二種電気工事士の資格をとってから、通信、ガス、設備工事関連の資格の取得を目指し、さらに視野を広げるという人もたくさんいます。今後何らかの事情で仕事を辞めたとしても、経験と知識を積んでいかれれば十分職に困ることはないはずですし収入も増えるのがこの職種です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ