第2種電気工事士の資格をもった人の就職先は?

就職難と言われる日本で、有利に使える資格が第2種電気工事士の資格です。電気と言えば日々の生活の中でなくてはならない存在のため、どこへ行っても就職先に困らない、というのが最大のメリットです。日本中のどこにいても電気は存在し、人々にとって必要なもの。だからこそ、就職先は多く持っていれば必ず役に立つ資格といえます。それでは、第2種電気工事士の資格があればどのような就職先があるのでしょうか。

・第2種電気工事士の資格とは

第2種電気工事士は国家資格で、電気に関するあらゆる工事を行う専門家です。電気設備による火災や感電など、利用者や工事中の事故を防ぎ電気を安全に利用するために必ず必要な存在であり、経済産業省により定められた資格でもあります。第2種電気工事士は、ビルや工場などの電気工事に携わることができます。それに加えて第一種電気工事士は小規模店舗や住宅などの一般用の電気工作物の電気工事にも行うことができます。第2種電気工事士と第一種電気工事士は、仕事内容に多少違いがありますが、電気工事を行うことができると言うことには共通しています。第2種電気工事士は国家資格でありながら、合格率が高いため難易度が低めということが特徴です。そのため、高校や大学を卒業する際に取得する資格としては人気がありますが、中高年の男性も取得を目指す人がたくさんいます。第2種電気工事士の資格を取得すると就職先が多いというのも中高年にとっては大きな魅力です。

・第2種電気工事士の就職先

主な就職先は、電気工事も行う工務店や家電販売店、建設会社や一般住宅の電気工事を行う会社、施設の建築を行う企業や大規模なイベント会場、電力会社など、多くの就職先が見付かります。電気設備工事会社や電気工事会社、電力会社、建築会社、機械メーカー、家電メーカーなど、需要があります。電気を利用するあらゆる場所で第2種電気工事士は必要とされるため、大規模な工場やビル、個人住宅など、活躍に場は様々あります。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ