第二種電気工事士の受験料金と受験資格

以前から年齢問わず注目されている資格が第二種電気工事士です。第二種電気工事士の資格は需要があり、様々な場所で活躍することができるからです。国家資格でありながら、合格率が高く、何かと忙しい学生でも暇を見つけて第二種電気工事士の勉強をすることができますし、勉強には無縁になった社会人でも仕事の傍ら第二種電気工事士の勉強をすることができるからです。でも、資格取得となれば受験料金はいくらか、誰でも受験資格はあるのか、というところが気になりますよね。気になる内容は次の通りです。

・受験料金

郵便による申込みは9,600円インターネットによる申込みは9,300円

・受験資格について

第二種電気工事士の資格を持っていることで就職先が広がったという人は多いのではないでしょうか。その噂を聞きつけ、多くの方が第二種電気工事士の資格取得に日々励んでいます。でも、受験資格があるのでは?と不安に思う人も多いのではないでしょうか。実は第二種電気工事士の受験資格はありません。

・どんな人でも受験することができます

第二種電気工事士は性別、年齢、学歴、実務経験も必要なく、誰でも受験することができます。

・合格者定員もない

第二種電気工事士の例年合格ラインである約6割以上ができていれば、何人でも合格することができます。

・筆記試験はマークシート

筆記試験は答えやすい択一式のマークシートです。内容のポイントさえ押さえることができれば、無理をすることがなく合格を狙うことができます。それにプラス、作業ノウハウと電気についての基本的な知識を組み合わせた技能試験を行います。

・取得しやすい資格

全国平均合格率は50%以上と言われる第二種電気工事士の技能試験と筆記試験。(上期・下期試験を合算した平成24年度の全国平均合格率)受験料金も無理がなく、比較的に合格率が高いと言うことと、就職先が多いということで、中年の方も第二種電気工事士の資格取得を目指す人が多くなっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ