第2種電気工事士で教育訓練給付金制度を利用する場合の3つのポイント

第2種電気工事士試験は、厚生労働省の教育訓練給付金制度の対象となる試験です。独力で学ぼうとすると、かなりの労力と費用がかかる第2種電気工事士の試験勉強。せっかくなら、制度を利用してお得に合格を目指しましょう!

・教育訓練給付金制度とは?

厚生労働省が推奨している、雇用保険の失業給付の一種です。働く意欲のある人が、就職のために必要な技能を身につけるための費用をサポートしてくれるもので、厚生労働省が指定した講座を受講して終了した場合に、教育施設に対して支払った費用の一部を支給してくれます。

給付の対象となる人とは?

現在在職中、あるいは退職後一年以内で、既に一年以上働いており、今までに教育訓練給付金制度を利用したことがない人が対象です。公務員や会社の役員などは対象になりません。

給付金額は?

受講にかかった費用の最大20%、10万年が上限となっています。

どうやって制度を利用するの?

多くの場合、教育施設が過程終了後に必要な手続きを案内してくれます。事前に制度を利用する事を申し出て、身分証明証を提示することが必要になります。

・第2種電気工事士で教育訓練給付金制度を利用するには

厚生労働省が指定した教育機関で、第2種電気工事士試験の講座を受講し、終了する必要があります。各種専門学校、通信講座などが指定されており、事前に確認することができます。受講申込時に教育訓練給付金制度を利用したい旨を告げることで、必要な手続きを教育機関側で取ってくれます。申し出をし忘れた場合、制度を利用することはできませんので注意しましょう。

・制度を利用する際の注意点

やむを得ない事情がない限り、講座終了後1ヶ月以内には申請手続きを行わないと、給付を受けることができません。教育機関から送られてきた書類に必要事項を記入し、所轄のハローワークなどに提出しましょう。第2種電気工事士の試験講座は、通信教育でも7万円弱とかなり高価。教育訓練給付金制度を利用すれば最大20%の給付が受けられるのですから、利用しない手はありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ