電気工事士2種の資格は公共職業訓練で取得できる!

電気工事士2種の資格は、公共職業訓練でも取得を目指すことができます。在職者、離職者、学卒者向けに国や地方自治体が行っている公共職業訓練なら、技能を身につける費用も少なくて済み、条件を満たしているならおすすめの勉強法です。

・公共職業訓練とは?

国や都道府県が、働く人や働く意欲がある人に向けて仕事に必要な技能を身につけてもらうために設けている講座のことです。在職者向けの有料講座、離職者向けの無料講座、高等学校卒業者向けの有料講座の3種類があります。電気工事士2種は、主に離職者向けの講座として利用している人がたくさんいます。

・公共職業訓練はどうやって受けるの?

ハローワークなどで就職相談を行い、その仕事をするにあたって職業訓練が必要と認められた場合、受講申請を行います。簡単な筆記試験・適性検査を経て適当と認められた場合に斡旋を受け、公共職業訓練施設で所定の口座を受講することになります。受講期間は主に3ヶ月から1年で、電気工事士2種の場合はおおよそ1年とされています。

・電気工事士2種の公共職業訓練とは?

電気工事士2種の場合、公共職業訓練を受けて過程を修了することで、資格を有することができます。通常は独学で勉強し、試験を受けなくてはいけないのですが、公共職業訓練ならば、終了特典として資格を得ることが出来る仕組みです。

・電気工事士2種の公共職業訓練を受ける際の注意点

当たり前の話ですが、公共職業訓練を受ける目的は資格の取得ではなく、訓練の成果を活かして何らかの形で仕事を得ることにあります。また、受講の時期や、国・地方自治体によって、希望するコースが解説されていない場合もあります。その場合は、希望する講座を行っている訓練施設に通うか、開設を待つことになってしまいます。詳細については、所轄のハローワークなどで詳しい情報をもらうことができます。公共職業訓練は、実用技能をお得に身につけることのできる大きなチャンスです。積極的に活用して、キャリアアップに活かしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ