第二種電気工事士の通信教育・通信講座は料金を比較して選ぼう

第二種電気工事士の通信教育・通信講座は自宅にいながらしっかりとした学習ができるので、忙しい方や近くにスクールがないといった方にもオススメ。また、料金においてもスクールに通学するより比較的安い価格で利用できるので、コストを重視しながらしっかり学びたいといった方にも適しています。

第二種電気工事士の需要

電力を必要とする施設の電気工事に従事できる電気工事士は就職や転職に有利になる資格として人気があります。電気工事士には第一種と第二種がありますが、第二種はコンセントの設置、照明器具の設置といった仕事に従事できるため活躍の場が多く、非常にニーズの高いものとされています。

  • 通信講座で試験対策
  • 第二種電気工事士の試験は筆記試験と技能試験の二段階で行われ、筆記試験に合格することで技能試験を受験すること可能となります。筆記試験については内容が充実したテキストが数多く出版されているため、独学での学習でも合格ラインには十分に近づけることができますが、通信教育・通信講座を利用するとより効率よく知識を身につけることができます。

  • 翔泳社アカデミーの通信教育
  • 電気工事士の通信教育・通信講座で有名と言えば翔泳社アカデミーとユーキャンが挙げられますが、翔泳社アカデミーでは短期集中型のカリキュラムを組んでいるので短期間で合格レベルの知識を蓄えることができます。受講コースは筆記+技能を学べる総合コースと技能のみのコースの2種類があり、料金は総合コースが55000円(税抜)、技能のみのコースが36000円(税抜)となっています。

  • ユーキャンの場合の利用料金
  • ユーキャンでも筆記+技能を学べる本コースと技能試験対策コースの2種類があり、本コースは料金が63000円、技能試験対策コースが39000円となっています。ユーキャンではどちらのコースでも技能対策用の練習材料がセットでついてくるので、しっかりトレーニングができるのも魅力です。

    比較して選ぶ

    通信で学ぶ場合は料金やコース内容などを十分に比較して選ぶことが大切です。それぞれの特徴やメリットを予めチェックしておくと自分に合った効率のよい学習ができるので、ポイントを抑えて選択するようにしましょう。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ