「勉強方法のノウハウ」の記事一覧

第二種電気工事士の実技試験に!参考書とオススメDVD

DVDで勉強したりといった事が必要になるのですが、初心者さんではどんな教材がオススメなのか、分かりませんよね。この記事では、経験者の意見を元に、特にオススメと思われる教材をご紹介していきます。

第二種電気工事士の技能試験に一発合格するための8つの手順

第二種電気工事士の試験で厄介なのは、筆記よりも技能試験です。技能試験はうっかりすると現役の電気工事士の人でも失敗してしまうって、ご存知でしたか?そこでこの記事では、第二種電気工事士の技能試験に一発合格する方法についてまと・・・

第2種電気工事士の筆記の勉強方法と勉強時間

2種電気工事士の試験には、一次試験と二次試験があり、一次試験では「筆記試験」、二次試験では「技能試験」が行われます。こちらのページでは、筆記試験に向けた勉強方法と勉強時間について、お話しさせていただきたいと思います。

第二種電気工事士の技能(実技)に向けた勉強方法と勉強時間

第二種電気工事士の資格試験では、実際に施工を行う技能試験(実技試験)も実施されます。ですから、技能試験に向けた勉強をする必要があるのですが、「勉強方法」や「勉強時間」といった、具体的な部分が気になるのではないでしょうか?・・・

電気工事士2種の勉強量目安と勉強のコツ

2種の資格を取得するにあたっては、「どのくらい勉強したら良いのか」という勉強量の目安や、勉強のコツなど、知っておきたいことがたくさんあるのではないかと思います。そこで、経験者の視点から、電気工事士2種の勉強量の目安と勉強のコツについて、解説させていただきたいと思います。

第2種電気工事士の勉強時間・勉強期間の目安とは?

2種電気工事士の資格試験を受験しても、合格することはまず不可能です。つまり、試験勉強をする必要があるということなのですが、そこで気になってくるのが、「どのくらいの時間勉強するべきなのか」ということや、「どのくらいの期間勉強すべきなのか」といった、「勉強時間」や「勉強期間」に関わる部分だと思います。

第二種電気工事士の勉強方法・勉強の仕方のポイント

第二種電気工事士の筆記試験はどちらかと言うと知識を問われる試験となっているので、暗記がメインの勉強方法となります。試験では鑑別や配線図の図記号、法規・法令に関する問題が出題されますが、ポイントを抑えた勉強の仕方で学習して・・・

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ