「基本情報まとめ」の記事一覧

電気主任技術者と電気工事士の違いとは?電験3種って何?

電気主任技術者は、変電所や発電所、ビルなどの受電設備や配線、工場などで電気設備の保安監督をするのが仕事です。電気主任技術者は社会的評価が高いため、資格を取得したいと考える人も多いというのが現状です。電気といえば、人間が生・・・

第二種電気工事士の合格率や筆記試験の難易度は?

第二種電気工事士の試験って?

第二種電気工事士資格とは

  • 国家資格である
  • 受験資格に制限がない
  • 筆記試験も技能試験も比較的難易度が低く合格率が高い
  • 専門性が高く、需要も多い
  • という、これから転職を考えている、独立開業を考えているという人が目指すには最適な資格のひとつなのです。

    第二種電気工事士は就職活動で有利?メリットは?

    就職活動をするうえで資格を持っていると有利であり、メリットが多いのは言わずと知れていると思います。人間が生活して行くうえで必ず必要となる電気。それを扱う資格を持っていることで、就職活動ではかなり有利であり、仕事も多いため・・・

    第2種電気工事士実技試験の難易度と合格率

    2種電気工事士の筆記試験を見事合格したら、次は技能試験です。実技で行われるこの試験は実は年度によって合格率が大きく異なることでも知られています。これは、受験した人の実技レベルにばらつきがあったというよりは、試験に出題された問題の難易度に差があったことが原因のようです。

    第2種電気工事士の資格をもった人の就職先は?

    2種電気工事士の資格です。電気と言えば日々の生活の中でなくてはならない存在のため、どこへ行っても就職先に困らない、というのが最大のメリットです。日本中のどこにいても電気は存在し、人々にとって必要なもの。だからこそ、就職先は多く持っていれば必ず役に立つ資格といえます。

    電気工事士2種の合格発表日、日程はいつ?

    2種の資格試験がいつ行われ、合格発表日はいつなのかということですが、実は平成23年度より制度が変わり、年に2回試験が行われるようになりました。

    試験申し込み期間の変更について

    いつもの電気工事士2種資格試験では上期試験と下期試験の受験申込日程は同じになっていました。平成27年度よりさらに制度が変更され、上期試験と下期試験の受験申込の日程が別々に設定されることになりました。

    電気工事士2種の試験日ならびに試験日程【2015年版】

    2種です。なぜ電気工事士2種は就職先が多いのか。それは電気が人間にとって大切な物だからです。日本全国どこへ行っても電気は使われていて、それに携わる仕事が電気工事士2種だからです。

    第二種電気工事士の受験料金と受験資格

    以前から年齢問わず注目されている資格が第二種電気工事士です。第二種電気工事士の資格は需要があり、様々な場所で活躍することができるからです。国家資格でありながら、合格率が高く、何かと忙しい学生でも暇を見つけて第二種電気工事・・・

    第2種電気工事士の受験者数と推移について

    2種電気工事士の資格を取得することで就職の幅が広がり、就職率も上がることから人気を集めていますが、国家資格なのに合格する人が多くハードルが低いというメリットがあります。また、電気の専門知識を利用した職場に勤めるとはいえ、あちこちで需要があります。電力会社や電気工事会社だけではなく、建設会社や電気設備工事会社、機械メーカー、家電メーカーなど、働く場所は様々です。

    電気工事士2種の問題構成と問題形式

    2種の資格は就職をする際にとても役立つ資格です。電気工事士2種は受験資格はなく、合格すれば何人でも資格が取得できるということもあり、とても人気があります。年を取ってから転職を考える人も多く、資格を持っていれば就職に有利なことから、中年の方取得するという例も多くなっています。ただ、国家資格なのでそれなりの勉強をする必要があります。

    サブコンテンツ

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ