「第2種電気工事士」タグの記事一覧

第2種電気工事士で教育訓練給付金制度を利用する場合の3つのポイント

第2種電気工事士試験は、厚生労働省の教育訓練給付金制度の対象となる試験です。独力で学ぼうとすると、かなりの労力と費用がかかる第2種電気工事士の試験勉強。せっかくなら、制度を利用してお得に合格を目指しましょう! ・教育訓練・・・

第2種電気工事士の受験票をなくした!紛失!再発行はできる?

2種電気工事士の試験を受けに行こうとしたら、受験票がない!なくした?いつ?再発行はできるんだっけ?ともすればパニックに陥ってしまいがちですが、大丈夫。第2種電気工事士試験の受験票は、所定の手続きを踏むことで問題なく再発行が可能です。この記事では、再発行の方法についてご説明していきます。

第2種電気工事士、履歴書には「合格」?「取得」?

2種電気工事士の資格というのは、堂々と履歴書に記入して企業に提出することができる資格です。ところが、「第2種電気工事士の資格を取得している」ということを記入するまでは良いのですが、資格名の後に記入する言葉を「合格」とするか、それとも「取得」とするかという部分で躓いてしまう方も少なくありません。

第2種電気工事士の取得予定(見込み)は履歴書に記入しても良い?

2種電気工事士の資格を有する方」と記載されている場合も多いのですが、「取得予定(見込み)」の場合、つまり「まだ資格を取得していない段階で履歴書を作成することになった」という場合は、履歴書に記入することはできるのでしょうか?

第2種電気工事士の筆記の勉強方法と勉強時間

2種電気工事士の試験には、一次試験と二次試験があり、一次試験では「筆記試験」、二次試験では「技能試験」が行われます。こちらのページでは、筆記試験に向けた勉強方法と勉強時間について、お話しさせていただきたいと思います。

第2種電気工事士の勉強時間・勉強期間の目安とは?

2種電気工事士の資格試験を受験しても、合格することはまず不可能です。つまり、試験勉強をする必要があるということなのですが、そこで気になってくるのが、「どのくらいの時間勉強するべきなのか」ということや、「どのくらいの期間勉強すべきなのか」といった、「勉強時間」や「勉強期間」に関わる部分だと思います。

第2種電気工事士の通信講座は評判・口コミを比較して選ぼう

2種電気工事士の通信講座はDVDなどを用いた学習方法で自宅にいながらレベルの高い学習ができると口コミなどでも評判があり、独学ではなかなか定着しにくい知識や技能もしっかり身につけることができます。費用の面においても実際にスクールに通うよりも比較的コストを抑えることができるので、費用を抑えながら基礎からきちんと学びたいといった方にもおすすめです。

第2種電気工事士のスクールは口コミや評判を参考にしよう

2種電気工事士の資格取得に専門の学校の利用を検討されている方も多いと思います。スクールを利用するにあたっては無駄なく、効率よく学習するため、口コミや評判を参考にして自分に合った学校を選ぶようにしましょう。

第2種電気工事士の筆記対策に問題集おすすめはコレ!

2種電気工事士の筆記試験に向けて問題集やテキストを活用している方も多いと思います。専門の問題集は多くの出版社から出版されていますが、試験を突破するためにはわかりやすいテキストを活用し、繰り返し学習することをおすすめします。

第2種電気工事士の資格をもった人の就職先は?

2種電気工事士の資格です。電気と言えば日々の生活の中でなくてはならない存在のため、どこへ行っても就職先に困らない、というのが最大のメリットです。日本中のどこにいても電気は存在し、人々にとって必要なもの。だからこそ、就職先は多く持っていれば必ず役に立つ資格といえます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ