「第2種電気工事士」タグの記事一覧(2 / 2ページ)

第2種電気工事士の受験者数と推移について

2種電気工事士の資格を取得することで就職の幅が広がり、就職率も上がることから人気を集めていますが、国家資格なのに合格する人が多くハードルが低いというメリットがあります。また、電気の専門知識を利用した職場に勤めるとはいえ、あちこちで需要があります。電力会社や電気工事会社だけではなく、建設会社や電気設備工事会社、機械メーカー、家電メーカーなど、働く場所は様々です。

第2種電気工事士の申込期間と申し込み方法、ネットでもできる?

2種電気工事士の資格を取得したいという人は年々増えています。年表を見ると、毎年受験者が増えているわけですが、それはどうしてなのでしょう。それは、就職にとても有利な資格だからということが言えます。日本全国どこでも電気を使用していて、その工事や安全を守るため必要な資格が第2種電気工事士です。就職先は日本全国あちこちにあり、需要があることからこの資格が欲しいという人が増えています。

第2種電気工事士実技試験の難易度と合格率

2種電気工事士の筆記試験を見事合格したら、次は技能試験です。実技で行われるこの試験は実は年度によって合格率が大きく異なることでも知られています。これは、受験した人の実技レベルにばらつきがあったというよりは、試験に出題された問題の難易度に差があったことが原因のようです。

第2種電気工事士技能試験におすすめの参考書

2種電気工事士の資格の受験には特に制限がありません。つまり、特に実務経験がなくても受験できる国家資格なのです。技能試験についてもおすすめの参考書で勉強すれば合格できるレベルですが、専門性も高く、ニーズも多い資格であるため、老後のため、転職を考えてなど様々な理由から、まったくの別分野から第二種電気工事士の資格取得を目指す人も少なくありません。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ