「電気工事士2種」タグの記事一覧

電気工事士2種の資格は公共職業訓練で取得できる!

2種の資格は、公共職業訓練でも取得を目指すことができます。在職者、離職者、学卒者向けに国や地方自治体が行っている公共職業訓練なら、技能を身につける費用も少なくて済み、条件を満たしているならおすすめの勉強法です。

電気工事士2種に合格するための持ち物リスト15

2種試験最大の山場、技能試験。電線の接続、配線工事、電気器具や配線設備の設置と言った問題を、一定時間内に必要な工具を使って完成させる事が目標です。当然、合格するためには複数の工具が必要となります。ここでは、電気工事士2種試験に必要な持ち物について、ご説明します。

電気工事士2種の受験票はいつ届く?発送日は?

電気工事士2種の申込みをしたのに受験票が届かない!と、心配している人はいませんか?電気工事士2種の受験票は、申込み後すぐに届くわけではありません。どれだけ早くに申し込んでも、受験日の2週間ほど前に発送されます。 ・電気工・・・

電気工事士2種を履歴書に記入する時の取得月・取得日・日付

2種」と記入したい場合には、同時に取得月や取得日といったことも記入しなければなりません。ところが、その記入すべき日付が、「合格通知を受けた日なのか」それとも「合格通知に記載されている日なのか」といった部分で戸惑ってしまう方も少なくないというのが現状です。

電気工事士2種には「何級から履歴書に書ける」というのはあるのか?

1種と2種の2つの階級が存在する「電気工事士」の資格の場合、下の階級である電気工事士2種は、履歴書に書けないのでしょうか?それとも、書けるのでしょうか?

電気工事士2種の勉強量目安と勉強のコツ

2種の資格を取得するにあたっては、「どのくらい勉強したら良いのか」という勉強量の目安や、勉強のコツなど、知っておきたいことがたくさんあるのではないかと思います。そこで、経験者の視点から、電気工事士2種の勉強量の目安と勉強のコツについて、解説させていただきたいと思います。

電気工事士2種を通信講座・通信教育で!費用の安いのは?

2種の資格試験を受験する方の多くは独学で学習する方がほとんどですが、通信講座や通信教育はテキストを読み進めるだけの独学ではなかなか定着しにくい知識や技能をDVDを用いた学習方法で学べるため、予備知識ゼロの方でも基礎からしっかり学ぶことができるでしょう。中には安い費用で学べるものもあるので、自分のスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

電気工事士2種スクールの選び方のポイント

電気工事士2種の資格取得にあたっては独学で勉強する方もいらっしゃいますが、 スクールを利用すると専門の講師に直接指導してもらえるので 合格の確率をさらにアップさせることができます。利用する際は良い環境で学習するためにも選・・・

電気工事士2種の過去問おすすめはコレしかない!

2種の試験は筆記試験と実技試験の二段階方式で、筆記試験に合格できなければ実技試験に進むことはできません。ですが、筆記試験は毎回同じような構成で問題が出題されているので、過去に出題された問題を収録した過去問集をしっかり学習することをおすすめします。

電気工事士2種の試験日ならびに試験日程【2015年版】

2種です。なぜ電気工事士2種は就職先が多いのか。それは電気が人間にとって大切な物だからです。日本全国どこへ行っても電気は使われていて、それに携わる仕事が電気工事士2種だからです。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ